私の体験した車を売った際に腹が立った経験はうまく言いくるめられて安く車を買取られてしまったことです。

その際に私が売った車はホンダの人気スポーツカーであるインテグラタイプRです。

その中でも特に人気があるのがDC2の後期型98スペックというもので私のインテグラタイプRも98スペックです。年式は平成11年式で走行距離は110000キロ、エアクリーナーとマフラーなど吸排気系のチューニングを行っているほかはフルノーマルでたまにサーキットで走行もしていましたが無事故車でボディのコンディションもいい方でした。

長年愛用していたのですが結婚を機にスポーツカーを卒業することにして地元の中古車店で査定してもらって売ることにしました。

そこの中古車店はごく普通のお店で店頭に並んでいるのは古めの軽自動車やコンパクトカーが主なラインナップのお店でした。査定するのはオーナーの60歳近い感じのおじさんであまり車には詳しそうにはお世辞にも思えませんでした。

査定の際に「こんな古くて走行距離が多い車はね~」とかブツブツ文句を言っており不快になりました。買取り金額も15万円と安いように感じたのですが「10万キロ超えた車なんてあまり値打ちがないしこの車の場合はボディがまだましだから15だすよ!」と上から目線、とても腹が立ちましたができるだけ早くお金が欲しかったのでしぶしぶ売ることにしました。

後から知り合いに聞くとタイプRなら古くても60万~70万円で買い取れると聞き「しまった!」と後悔しましたがもう後の祭り・・・。

「車に無知な車屋なのだろう」と思うようにしましたが店の前を通ると私のインテグラタイプRが88万円で売られていました。高く売れるのを知ってて安く買われたのだと知りとても腹が立ちました。次からは気をつけようと思います。