車を売却する際に多くの業者と比較したいので、ネットの一括査定を行ったところ数社から直電やメールが届きました。あまりに素早い対応だったので少し戸惑いながらもとにかく良い条件のところに売却しようと思い、依頼の来たすべての業者に査定をお願いすることにしました。

最初に来たのが、テレビで頻繁にコマーシャルを流しているA社でした。若い男性の査定員の方でやや自信家のような口調が気になりましたが、テキパキと査定をしてくださり見積もり額を出して貰ったところ35万円という査定額を提示されました。

10年以上乗り続けている車でボディーにあちこち傷もあり、安く買い叩かれるのではと心配していましたが、自分が思っていたよりも高い査定額に喜びました。しかし他の買取会社の査定もお願いしていることもあり、とりあえずお引き取り願いました。

ところがこのA社の営業マンはこの査定額はうちでしか出せない大盤振る舞いの額であり、今日提示した査定は特別限定なのだから今日この場で決めてくれと言うのです。私は他の査定も見て貰いたいとその申し出を断ったところ、諦めて帰りましたが、帰り際この額は今日しか出せませんからねと捨て台詞をはいて去っていったのです。

わざわざ自宅まで査定に来てくれて申し訳なかったですが、そういった捨て台詞をはかれると凄く嫌な気分になります。結局その後の査定で最初にA社で提示された額よりも少ない額での売却となりましたが、あのような態度を取られたのでA社では売却しなくて良かったと思っています。