これまで2台、新車購入してきたディーラーでのこと。

2台目がいよいよ10万キロを超えたので、この春、買い替えようとしていました。

まぁ、なにせ走行距離が10万キロを超えてるので下取りなどは期待していませんでしたが、
一応、他のディーラーも回って、見積もりを取り、いつもの馴染みのディーラーとも値引き交渉をしたのです。

最初は渋っていましたが、時あたかも決算セールでもあり、
担当営業マンも最初は渋っていたのですが、
「これまでのお付き合いもありますから、上と交渉してみます」とかなんとかいうわけです。

待つことしばし。

「今、交渉してきたのですが、もし、今日決めてもらえるなら、本来廃車費用をお預かりしないといけないところを、
 下取り価格を付けて、やらせてもらいます!どうですか?今日決めてもらえませんか?」

もともと下取りも期待していなかったところ、15万程度の下取り価格がついたので、
思い切ってその場で決めました。

それが、3月の初旬。

一週間以内に必要書類を揃えて、ということだったので、
取り急ぎ必要な書類をそろえて、契約も完了。

その2~3日後、新聞を見て驚きました。
まさに、新車にて買い替えたその車種が、
4月から先進安全技術が標準装備化と出ていたのです!

だまされた!

型落ちになるところをとっとと売り払いたかったんじゃないか!
案の定、新車購入したはずのマイカーは早くも型落ち、
2週間まてば購入価格よりもぐっと値段がさがっていたのです。

もう信じないぞ!腹が立って仕方がありませんでした。