住宅ローンを組む際、銀行からオートローンの完済を指摘された為、やむを得ず新車を下取りに出してローン残額を返済する事になりました。

人気の車種だった為ネット検索から一括査定を申し込んだのですが、「走行距離が多過ぎるから」と、データに載っていない為下取りは安価になるとの返事。

3社ほど条件を提示してくれたのですが、どこも申し合わせたように、走行距離データだけで、買取価格の70%にも満たない査定の返事がきました。

高速走行が多かったし、新車だからこまめにオイルも交換していて、とても大切に乗っていた車だったので、車の状態を見もせず判断する姿勢が納得が行かず、全てお断りする事にしました。

結局は、中古車を検討していた車屋さん複数に事情を話すことに。

どの車屋さんも「車のメンテナンスが思いのほか良い」という風に見て頂いて、結局、オークションなら高く売れる可能性があるからと言って下さった、個人の車屋さんに買い取ってもらいました。

大手の条件よりも20万円以上高く、買取価格参考値とほとんど同額の値段がついたので本当に助かりました。

大手の一括査定は、人気車種で走行距離を重視する傾向があるようなので、今後はもう利用しません。それよりも、中古車情報誌で調べた車種を購入する際に、下取り交渉をする材料にした方が、よっぽどましだと思いました。