車が廃車になりました。知人と中古自動車店を回り、中古の軽自動車を約30万円で購入しました。仕事で使用していたのですが1カ月も経たない内にエアコンの調子が悪くなり購入した車屋に持って行きましたが、修理台として約5万円かかり残念な気持ちでした。そして2か月ぐらい経ってからある日のことでした。

その日は休日で買物に出かけていたのですが、突然車内から大きな音が響き渡りました。慌てて車を止めて点検したのですが、故障個所が分からないので車屋に電話を入れて事情を説明したところ、車を持ってきてほしいと伝えられ、私は渋々納得して車を持って行くことにしました。

音が気になって車を運転することが少し怖かったのでが、案の定事件が起こりました。車を走らせること20分ぐらいで今度は車が止まってしまいました。

一瞬パニックになりましたが、車を路肩に止めて、車屋に電話を入れると担当者から引取には別途料金が発生しますと伝えられて、どうしようもなかった私は、引取料金を了承して車を取りに来てもらいました。

その後、車の修理に追加料金がかかる説明を受け料金が高かったので廃車にすることにしました。本当に残念な結果になりました。30万円で購入して5万円でエアコン修理を行い、廃車で0円です。

結局3カ月で35万円の出費と引取代金で大赤字でした。それから数週間後に、廃車した車屋の前を通った時のことです。

私が所持していた車が30万円で売り出していました。それを見た時、この車屋では絶対に車の修理や購入はしないと心に決めました。