ネットで簡単に査定額がわかると思った

車の売却を考えていたとき、たまたまネット広告で一カンタン括査定申し込み!というような内容のものを見かけ、いいタイミングだったので情報を入力。

メールなどで簡単に金額かわかるかと思いきや、、、とにかく何社からも電話がひっきりなしにかかってきて、どこの会社も査定に伺いますので都合のよい日時を教えてください!というようなことばかりで、まともに査定金額も教えてくれませんでした。

もちろん現物を見ていないので、正確な査定金額がでないのはわかっていましたので、ある程度ざっくりでいいからとりあえず教えてくれと伝えたら、100万円から250万円です。と言われました(笑)

まったく参考にならなかったので、しぶしぶ出張査定というものを依頼したのですが、後日来てくれた査定員がまたしつこい。

すぐ売ってくれるなら最高額を提示します!となぜか査定金額を開示しない状態で売却を決めてくださいともとれることを平気で言ってきました。

ふつう査定金額が○○円なんですが、売りますか?とかじゃないかと思うのですが、やはり他社との競合を避けたいらしく、とにかく強引な営業にあいました。

あげく、契約書を交わして売却した後に修復歴や改ざん歴、不具合が見つかれば減額させていただきますとのこと、、、。

その査定員には追い返し、2社目にきた方に売却しましたが、言い方はともかく内容は同じようなものでした。

以後、ああいった一括査定サイトは使用していません。

100万円ぐらいで売れると思っていた軽自動車

車を売る時に腹が立つことは「買値が安いこと」です。子供が生まれ、今まで乗っていた軽自動車を売ってステーションワゴンに乗り換えようと思って、軽自動車を売りに大手中古車販売店に行った時の話です。

自分が乗っていた軽自動車は、新車で購入して2年ほどしか経っていませんでした。走行距離も1万kmほどしか走っていないので、高く買い取ってもらえるかなと思っていました。自分も嫁もタバコを吸わないので、内装も綺麗で文句のつけどころがないくらい掃除をして買取りを見積もってもらいました。

軽自動車を購入した時の値段は約160万円だったので、だいたい100万円くらいでは売れるかなと思っていたのですが、見積もってもらった価格が「55万円」でした。

その価格を見た時はビックリしました。

買取りの担当者に「いくらなんでもこの買取り額はないでしょ。」と言うと「この車種の軽自動車は中古車市場に出回っているので高値を付けられない。」と言われました。

この値段で売れるかと怒鳴って帰ろうかと思ったら嫁が「この値段でいいので、購入するステーションワゴンを少しでも安くしてもらえませんか?」と聞きました。そしたら担当者が「いいですよ。」とあっさり値下げを了承しました。

しかし、腹が立ったのは後日です。何気なしに軽自動車を売った大手中古車販売店の前を通ったら自分が売った軽自動車が100万円で販売していました。55万で買い取った車を100万円で売るなんてあまりにも不快に感じ腹が立ちました。

最低でも100万円で販売するなら70万円くらいで買い取れよと店内に怒りに行こうかと思いましたが売ってしまったのは自分なので我慢してその場を立ち去りました。